コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すりガラス

百科事典マイペディアの解説

すりガラス

くもりガラス,つや消しガラスともいう。物の形を見えなくするために,平滑なガラスの表面の片側だけに微細な傷をつけたもので,光線の直線透過を防ぐ散光板ガラスの一種。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すりガラス【ground glass】

くもりガラス,つや消しガラスともいう。板ガラスの表面を研磨剤を付けた回転板で処理するなどして細かい傷を付け,光を散乱させることによって光の直進透過を防ぎ,不透明にしたもの。建材,家具用などで透明では困る部分に使用される。ここ何年にもわたって生産量は減少している。型板ガラスが進歩し,すりガラスに匹敵する光散乱能をもちながら美観にすぐれた製品が製造可能になったこと,すりガラスに対してデザイン的にやや時代遅れな感じをもつ人が多くなったことなどがその主要な理由に挙げられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

すりガラスの関連キーワードフォーカシングスクリーングラシンペーパーライトテーブル過敏性肺臓炎好酸球性肺炎ピントグラスくもりガラス艶消しガラス曇りガラス過敏性肺炎エマーソン肺胞微石症半透明体万華鏡透写台写真鏡高層雲輝度計潮解

すりガラスの関連情報