金剛砂(読み)こんごうしゃ

精選版 日本国語大辞典「金剛砂」の解説

こんごう‐しゃ コンガウ‥【金剛砂】

〘名〙 (古く「こんごうじゃ」とも。「しゃ」は「」の呉音)
① 柘榴石(ざくろいし)の小結晶の集まったもの。粒状で、黒色または赤黒色。玉石を切ったり研磨するのに用いる。大和金剛山から産するものが有名。エメリー。金剛屑。金剛鑽。金剛精。こんごうさ。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② 力士が土俵入りの時、両手にもみこむ砂。
随筆・相撲伝書(1716‐36頃)「砂を取て両掌へ揉込、筋力をたすけ出す、両掌の砂を金剛砂と云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「金剛砂」の解説

金剛砂
こんごうしゃ

ざくろ石を粉末にしたもので、研磨剤に用いられる。

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金剛砂の言及

【金剛砂御薗】より

…金剛砂は柘榴石の小結晶。エメリーともいう。…

※「金剛砂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android