ずいずいずっころばし(読み)ズイズイズッコロバシ

デジタル大辞泉の解説

ずいずい‐ずっころばし

子供の遊びの一。一人が鬼となり、他の者たちに握りこぶしを出させ、「ずいずいずっころばし、ごまみそずい…」と歌いながら順々に指先でつついていき、歌の最後に当たった者を次の鬼とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずいずいずっころばし

子供の遊戯の名。参加者全員に握りこぶしを出させ、一人が鬼になって「ずいずいずっころばし胡麻味噌ごまみそずい、茶壺に追われてとっぴんしゃん…」と歌いながら順にそのこぶしを指していき、歌の終わりに指されたものが新しい鬼になるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ずいずいずっころばし
ずいずいずっころばし

子供の遊びの一つ。いまでは、鬼ごっこなどで他のものをつかまえる役である鬼を決める際には、おおかた「じゃんけん」で決めるが、昔は鬼きめのことばというのがあって、ずいずいずっころばしもその一つである。みんなが両手の握りこぶしを出していると、円陣の中に入った鬼が「ずいずいずっころばしごまみそずい、茶壺(ちゃつぼ)におわれてとっぴんしゃん、ぬけたらどんどこせ、俵のネズミが米食ってちゅう、ちゅうちゅうちゅう、おっとさんがよんでもおっかさんがよんでも行きっこなあしよ、井戸のまわりでお茶碗(ちゃわん)かいたのだあれ」と歌いながら一つずつ数えていき、唱え言の最後に当たった者が鬼に決まるという方法もあった。
 唱え言の詞(ことば)は、地方によってすこしずつの差はあるが、「ずいずいずっころばし」は江戸時代から用いられていたらしい。[高野 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ずいずい‐ずっころばし

〘名〙 児童の遊戯の名。また、その時に歌うわらべ歌。円陣の中にはいった鬼が「ずいずいずっころばし胡麻味噌ずい、茶壺に追われてとっぴんしゃん、抜けたらどんどこしょ、俵の鼠が米喰ってちゅう、ちゅうちゅうちゅう、おっとさんが呼んでもおっかさんが呼んでも行きっこなあしよ、井戸のまわりでお茶碗欠いたのだあれ」と歌いながら皆が出しているにぎりこぶしをさしていき、歌の最後に当たった者が新しい鬼になるあそび。〔東京風俗志(1899‐1902)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android