コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずいずいずっころばし ズイズイズッコロバシ

デジタル大辞泉の解説

ずいずい‐ずっころばし

子供の遊びの一。一人が鬼となり、他の者たちに握りこぶしを出させ、「ずいずいずっころばし、ごまみそずい…」と歌いながら順々に指先でつついていき、歌の最後に当たった者を次の鬼とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずいずいずっころばし

子供の遊戯の名。参加者全員に握りこぶしを出させ、一人が鬼になって「ずいずいずっころばし胡麻味噌ごまみそずい、茶壺に追われてとっぴんしゃん…」と歌いながら順にそのこぶしを指していき、歌の終わりに指されたものが新しい鬼になるもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ずいずいずっころばし
ずいずいずっころばし

子供の遊びの一つ。いまでは、鬼ごっこなどで他のものをつかまえる役である鬼を決める際には、おおかた「じゃんけん」で決めるが、昔は鬼きめのことばというのがあって、ずいずいずっころばしもその一つである。みんなが両手の握りこぶしを出していると、円陣の中に入った鬼が「ずいずいずっころばしごまみそずい、茶壺(ちゃつぼ)におわれてとっぴんしゃん、ぬけたらどんどこせ、俵のネズミが米食ってちゅう、ちゅうちゅうちゅう、おっとさんがよんでもおっかさんがよんでも行きっこなあしよ、井戸のまわりでお茶碗(ちゃわん)かいたのだあれ」と歌いながら一つずつ数えていき、唱え言の最後に当たった者が鬼に決まるという方法もあった。
 唱え言の詞(ことば)は、地方によってすこしずつの差はあるが、「ずいずいずっころばし」は江戸時代から用いられていたらしい。[高野 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ずいずいずっころばしの関連キーワードぴんしゃん唱え言高野

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずいずいずっころばしの関連情報