コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずから ズカラ

デジタル大辞泉の解説

ず‐から〔づ‐〕

[接尾]
人の心・身体などを表す語に付いて、そのもの自身という意を表す。…で。…から。…のまま。「おのずから」「みずから」「口ずから
人間関係を表す名詞に付いて、その関係にある意を表す。
「拙者ためには従弟―なるが」〈浮・伝来記・二〉
人の動作を表す名詞に付いて、その動作をもってという意を表す。
「むむ神詣でか、徒歩(かち)―殊勝殊勝」〈浄・安達原

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずから

( 接尾 )
〔助詞「つ」に名詞「から」の付いたものから〕
からだまたはその一部分を表す名詞に付いて、直接それを使って、…自身で、…によって、などの意を表す。 「手-植樹された」 「口-」 「み-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ずからの関連キーワード木静かならんと欲すれども風止まず宝さかって入る時はさかって出る右手に円を画き左手に方を画く鹿を逐う者は山を見ず驕れる者は久しからず驕る平家は久しからず正直の頭に神宿る両雄並び立たず去る者は追わずロイスブルークハドフィールド一枚起請文捲土重来率先躬行三浦梅園硬さ試験みんずり怪力乱神マンモン堂に入る

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずからの関連情報