コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずと ズト

デジタル大辞泉の解説

ず‐と

[連語]《打消しの助動詞「ず」の連用形+接続助詞「と」》…(し)ないで。…(せ)ずに。
「ゆめゆめこれを知ら―いましめ侍るなり」〈仮・伊曽保・下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずと

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」に助詞「と」の付いたもの〕
打ち消しの意の中止法または連用修飾語として用いられる。…ないで。ずに。 「ざれ事をせ-末広がりを見せい/狂言・末広がり 虎寛本」 「そんなにひやかしてあるか-縁起なほしに一ぷくのんでくんねえな/洒落本・白狐通」
「と」が逆接の意を表す。なくとも。ないでも。 「さみせんひか-いいから、さあ一つのみや/洒落本・妓者呼子鳥」 「口で言は-いいは/滑稽本・八笑人」 〔中世末期から近世へかけての語。現代語でもやや文章語的表現として用いられることがある。「みんながやるから、君は心配せ-よろしい」〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ずとの関連キーワード言わずと知れた口を引き垂る子細に及ばず爬掻・爬搔非核三原則膝を屈める山内一豊世を経る言も疎か我関せず遣ひ日記つい挿す捩くれる承知の幕口言葉催し勢目離る馬鹿念難艱画本

ずとの関連情報