コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難儀 ナンギ

デジタル大辞泉の解説

なん‐ぎ【難儀】

[名・形動](スル)
苦しみ悩むこと。苦労すること。また、そのさま。「腰を屈めるのも難儀だ」「雪道を行くのに難儀する」
面倒なこと。迷惑なこと。また、そのさま。「難儀をかける」「難儀な話をもちこむ」
処理するのがむずかしいこと。また、そのさま。一大事。
「宮は此の事何れも―なりとおぼし召して」〈太平記・五〉
[派生]なんぎさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんぎ【難儀】

( 名 ) スル
苦しむこと。苦労。 「借金で-する」 「雪道に-する」
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
むずかしいこと。めんどうなこと。また、そのさま。困難。 「 -をかける」
容易ならぬこと。一大事。 「宮は此事何いずれも-也と思召て/太平記 5」 〔現代では「なんぎやなあ」などの形で、主に大阪地方で用いられる〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

難儀の関連キーワード虎口を逃れて竜穴に入る差し当たる・差し当る擌を背負う踏みさくむ付け入れ目に遭うずだい坊追い追い出抜ける千辛万苦彼方此方虎口の難斯許り見継ぐ行路難さいの吉原雀難無く交通難一大事

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

難儀の関連情報