コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずり弾性率

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ずり弾性率
ずりだんせいりつ

剛性率ともいう。ずりは物体の形が変わるが体積は変化しない変形で、その例をに示す。図において角θをずりの角といい、tanθがずりひずみの大きさSを表す。フックの法則に従う弾性固体ではこのずりひずみは、単位面積当りのずりの力、すなわちずり応力Tに比例する。TSとの比をずり弾性率という。すなわち、ずり弾性率GGT/Sで表される。流体(液体、気体)では、流れがおこるので、ずり応力は生ぜず、したがってGはゼロである。
 固体のずり弾性率を測定するのには、針金のような細長い試料をねじるとか、固体中を伝わる横波(よこなみ)(ずり波)弾性波の速度を測るのが一般的である。液体ではずり弾性はないが、飴(あめ)のような粘い液体では、ずりひずみによってすぐには流動がおこらず、初めは固体のようにずり応力を示す。しかし時間とともにこのずり応力は減衰(緩和)する。このような液体を粘弾性液体という。[和田八三久・西 敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ずり弾性率の関連キーワード光(light)ずれ弾性率ポアソン比ヤング率ねじれ伸び弾性

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android