コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そえに ソエニ

デジタル大辞泉の解説

そえ‐に[接]

[接]《「そゆゑ(其故)に」の音変化か》それゆえに。
「―とてとすればかかりかくすればあな言ひ知らずあふさきるさに」〈古今・雑体〉

そえ‐に[連語]

[連語]…までも。…もまた。
「年つもる雪とし聞けば今日―心とけてもいかが見ゆべき」〈弁内侍日記
[補説]「そへ」は動詞「添う」の名詞形「添え」か。「に」については格助詞・間投助詞その他の説もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そえに

( 接続 )
〔「そゆゑに」の転〕
それだから。それゆえに。 「 -とてとすればかかりかくすればあな言ひ知らずあふさきるさに/古今 雑体

そえに

( 連語 )
〔副助詞「さえ(さへ)」の語源とされる「添え」に助詞「に」の付いたもの〕
添加の意を表す。…もまた。 「けふ-暮れざらめやはと思へども堪へぬは人の心なりけり/後撰 恋四

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

そえにの関連キーワード英祖(沖縄)副助詞尚寧連語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android