コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そえに ソエニ

4件 の用語解説(そえにの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そえ‐に[接]

[接]《「そゆゑ(其故)に」の音変化か》それゆえに。
「―とてとすればかかりかくすればあな言ひ知らずあふさきるさに」〈古今・雑体〉

そえ‐に[連語]

[連語]…までも。…もまた。
「年つもる雪とし聞けば今日―心とけてもいかが見ゆべき」〈弁内侍日記
[補説]「そへ」は動詞「添う」の名詞形「添え」か。「に」については格助詞・間投助詞その他の説もある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そえに

( 接続 )
〔「そゆゑに」の転〕
それだから。それゆえに。 「 -とてとすればかかりかくすればあな言ひ知らずあふさきるさに/古今 雑体

そえに

( 連語 )
〔副助詞「さえ(さへ)」の語源とされる「添え」に助詞「に」の付いたもの〕
添加の意を表す。…もまた。 「けふ-暮れざらめやはと思へども堪へぬは人の心なりけり/後撰 恋四

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone