コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

その他の貝類 そのほかのかいるい

1件 の用語解説(その他の貝類の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

そのほかのかいるい【その他の貝類】

 かつては、“貝にはコレステロールがある”からと敬遠する人が多かったようです。
 しかし、タウリンなどコレステロール低下作用がある成分も含まれているものが多いので、あまり神経質になる必要はありません。
 寿司屋で人気の貝類といえば、アカガイミルガイホッキガイですが、ここでは、それらの貝と、カキなどの栄養成分とその働きをみていきましょう。
 貝類は、総じて高たんぱく・低カロリーな食材です。
 なかでも、冬から春にかけてが旬のミルガイやホッキガイは、鉄を多く含有しています。鉄は体の各器官に酸素を運びます。
 鉄が不足すると酸欠状態になり、息切れめまいといった貧血状態におちいります。
 アカガイは身の色が赤ですが、これはヘモグロビンを含んでいるためで、鉄分が豊富です。
 また、ビタミンAが目立ちます。Aは皮膚や角膜(かくまく)、粘膜(ねんまく)から気管支や膀胱(ぼうこう)、子宮をおおう上皮組織の分化に働いて健康に保ちます。
 Aが不足すると、上皮組織がかたくなり、傷つきやすくなります。目は潤いをなくし肌はかさつき、消化器官の健康が損なわれます。
 カキには、亜鉛が100g中13.2mgと、和牛サーロイン2.8mgにくらべてもダントツに多く、ホタテ貝柱も、鉄、亜鉛ともに多く、しかも低カロリーなのが特徴です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

その他の貝類の関連キーワードステロールHDLコレステロール総コレステロール外因性コレステロール高コレステロール血コレステロールエステラーゼ酸化コレステロール低コレステロール血内因性コレステロール総コレステロール(T-CHO)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone