コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぞや ゾヤ

デジタル大辞泉の解説

ぞ‐や

[連語]《古くは「そや」。係助詞「ぞ」+間投助詞「や」》
感動を込めて強く示す意を表す。…だなあ。…なのだよ。
「この河は西国一の大河―」〈平家・九〉
多く、疑問語を伴って用いられる。…であるか。…であろうか。
「かかる事のいつ―ありしか」〈徒然・七一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞや

( 連語 )
〔係助詞の「ぞ」に間投助詞「や」が重なったもの。古くは「そや」〕
文末にあって、感動をこめて強く言い切る意を表す。…なのだぞ。 「あなたふとや、宿執開発の人かな、阿字阿字と唱ふる-/徒然 144
文中にあって、詠嘆的強調を表す。 「今日わりご持たせて来たる人、その名など-今思ひ出でむ/土左」 〔の文中用法は、現代語では副詞「いつぞや」などの中に残存している〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぞやの関連キーワード案じ過ごし・案じ過しやみらみっちゃ案じ過ごし候ふ・侍ふ入れ合はす一本さす紙クロス食み返る行き触れなれども言い囃す影の病耳擦り腹立つ引放つ先潜り時の人臘八会係助詞店屋者

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぞやの関連情報