コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ゾ

5件 の用語解説(ぞの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぞ[五十音]

」の濁音。歯茎の有声破擦子音[dz]と母音[o]とから成る音節。[dzo
[補説]清音「そ」に対する濁音としては、本来、歯茎の有声摩擦子音[z]と母音[o]とから成る音節[zo]が相当するが、現代共通語では一般に[dzo]と発音する。しかし、[zo]とも発音し、両者は音韻としては区別されない。古くは[ʒo](あるいは[dʒo][dzo])であったかともいわれる。室町時代末には[zo]と発音され、近世江戸語以降[dzo]と発音された。

ぞ[副助・係助・終助]

[副助]
疑問を表す語に付いて、不定の意を表す。「どこで休んでいくか」
「誰―合力ニ雇ワウ」〈天草本伊曽保・狼と狐〉
「よく」「つい」などの副詞に付いて、上の語を強調する意を表す。「よくがまんしてくれた」「つい見たことがない」
[係助]名詞、活用語の連用形・連体形、副助詞などに付く。
「ぞ」の付いた語・句を特に強く示す意を表す。
「梅の花折りかざしつつ諸人(もろひと)の遊ぶを見れば都し―思(も)ふ」〈・八四三〉
上代、活用語の已然形に直接付き、中古以降は、その下に接続助詞「ば」を伴ったものに付いて、理由・原因を強調して示す意を表す。…からこそ。…からか。
「我(あ)が待ちし秋は来たりぬ妹(いも)と我(あれ)と何事あれ―ひも解かずあらむ」〈・二〇三六〉
「いにしへも今も心のなければ―憂きをも知らで年をのみふる」〈後撰・恋六〉
文末用法。
㋐相手に告げ知らせる意を込めて強く断定する意を表す。…だ。…のだ。…であるぞ。
「ああしやごしや此(こ)は嘲咲(あざわら)ふ―」〈・中・歌謡〉
「この返事はあるべき―」〈平家・四〉
㋑疑問の語とともに用いて、問いただす意を表す。→とぞもぞ
「ナゼニヲヌシワ何ヲモ知ラヌト言ウ―」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉
[終助]名詞、活用語の終止形、断定の助動詞「じゃ」「だ」などに付く。
自分の判断・決意を自分に言い聞かせ、念を押す意を表す。「これは弱った」「うまくいった
自分の考えを強く主張し、念を押す意を表す。「そうはさせない」「努力が肝心だ
推量の助動詞「う」「よう」、または名詞に付き、疑問の語と呼応して、反語・強調の意を表す。「そんな案をどうして承認できよう」「国民の声を聞かずしてなんの政治家
[補説]「ぞ」は本来、清音「そ」であったといわれ、上代から中古にかけて濁音化したという。係助詞「ぞ」が文中にある場合、「ぞ」を受ける文末の活用語は、原則として連体形で終わる(係り結びの法則)が、中世以降、その法則が衰え、となった。また、3の用法からが生じた。は近世以降の用法。なお、係助詞「ぞ」は、係助詞「こそ」よりは弱く、係助詞「なむ」よりは強く指示する意をもつといわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

「そ」の濁音。歯茎破擦音(または歯茎摩擦音)の有声子音と後舌の半狭母音とから成る音節。 〔奈良時代までは、上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり、発音上区別があったとされる〕

( 係助 ) 〔古くは「そ」。上代から中古にかけ次第に濁音化し、「ぞ」が一般的になる〕 体言・活用語の連体形・種々の助詞などに付き、取り立てて強く指示する意を表す。
文中にある場合。文末の活用語は連体形で結ぶ。
一つの物事を特に取り出して強調する。 「峰高く、深き岩の中に-聖ひじり入りゐたりける/源氏 若紫」 「野中に岡だちたる所に、ただ木-三つたてる/更級」
文の調子を整えるのに用いる。この場合、動詞の連用形に付き、サ変動詞「する」で受ける。 「折りてみば落ち-しぬべき秋萩の枝もたわわに置ける白露/古今 秋上
文末にある場合。その文を強く言い切るのに用いられる。 「我をいかにせよとて捨てては昇り給ふ-/竹取」 「この西なる家には何人の住む-/源氏 夕顔」 → ぞ(終助・副助)

〔係助詞「ぞ」から〕
( 終助 )
文末にあって、活用語の終止形に付く。
自分の判断を強く言い切ったり、主張したりするのに用いる。 「ぼくの方が正しい-」 「これならきっとうまくいく-」 「そら、やる-」
疑問詞と呼応して、反語や疑問を強めるのに用いる。やや文章語的な言い方。 「一体だれがこの難問に答えられよう-」
( 副助 )
文中の疑問詞を受けて、不定の意を表す。 「だれ-に聞いてくれ」 「なん-食べ物はないか」 〔の終助詞は近世以降の用法、の副助詞は中世以降の用法〕 → ぞ(係助)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞの関連キーワードさん返り越ししまずから建てちきぽっきりこ・い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ぞの関連情報