たくらみと恋(読み)たくらみとこい(英語表記)Kabale und Liebe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

たくらみと恋
たくらみとこい
Kabale und Liebe

ドイツの劇作家,詩人シラー悲劇。5幕。 1784年初演。レッシングの『エミーリア・ガロッティ』の流れをくむ市民劇で,階級をこえた恋の悲劇を描いて,ドイツ専制君主の宮廷の腐敗をあばき,それに怒りと批判を浴びせた作品。「シュトゥルム・ウント・ドラング」の代表的作品。のちカマラーノの台本,ベルディの作曲でオペラ化 (『ルイーザ・ミラー』 1849) された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たくらみとこい〔たくらみとこひ〕【たくらみと恋】

《原題、〈ドイツ〉Kabale und Liebeシラーの戯曲。5幕の悲劇。1784年初演。レッシングの「エミーリア=ガロッティ」の流れを汲む作品で、貴族の若者と市民階級の娘の恋愛が階級社会の軋轢(あつれき)により犠牲になるさまを描いた市民劇。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android