コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たくらみと恋 たくらみとこいKabale und Liebe

2件 の用語解説(たくらみと恋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

たくらみと恋
たくらみとこい
Kabale und Liebe

ドイツの劇作家,詩人シラーの悲劇。5幕。 1784年初演。レッシングの『エミーリア・ガロッティ』の流れをくむ市民劇で,階級をこえた恋の悲劇を描いて,ドイツ専制君主の宮廷の腐敗をあばき,それに怒りと批判を浴びせた作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たくらみとこい〔たくらみとこひ〕【たくらみと恋】

《原題、〈ドイツ〉Kabale und Liebeシラーの戯曲。5幕の悲劇。1784年初演。レッシングの「エミーリア=ガロッティ」の流れを汲む作品で、貴族の若者と市民階級の娘の恋愛が階級社会の軋轢(あつれき)により犠牲になるさまを描いた市民劇。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone