コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たくらみと恋 たくらみとこいKabale und Liebe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

たくらみと恋
たくらみとこい
Kabale und Liebe

ドイツの劇作家,詩人シラー悲劇。5幕。 1784年初演。レッシングの『エミーリア・ガロッティ』の流れをくむ市民劇で,階級をこえた恋の悲劇を描いて,ドイツ専制君主の宮廷の腐敗をあばき,それに怒りと批判を浴びせた作品。「シュトゥルム・ウント・ドラング」の代表的作品。のちカマラーノの台本,ベルディの作曲でオペラ化 (『ルイーザ・ミラー』 1849) された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たくらみとこい〔たくらみとこひ〕【たくらみと恋】

《原題、〈ドイツ〉Kabale und Liebeシラーの戯曲。5幕の悲劇。1784年初演。レッシングの「エミーリア=ガロッティ」の流れを汲む作品で、貴族の若者と市民階級の娘の恋愛が階級社会の軋轢(あつれき)により犠牲になるさまを描いた市民劇。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

たくらみと恋の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)モチャーロフ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android