コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だけ ダケ

デジタル大辞泉の解説

だけ[副助]

[副助]名詞、活用語の連体形、一部の助詞に付く。
分量・程度・限度を表す。…ほど。…くらい。…かぎり。「走れるだけ走ってみよう」「どれだけの人が苦しんでいるか」
範囲を限定する意を表す。…ばかり。…のみ。「学校だけでなく家庭での指導も大切だ」
慣用的に用いられ、種々の意を表す。
㋐「…ば…だけ」「…たら…ただけ」の形で、一方の程度が高まるのに比例して、他方の事柄・状態の程度も高まる意を表す。…につれていっそう。「注意すればするだけ反抗する」「読書したら読書しただけ人生の深みが増す」
㋑多く「…だけあって」「…だけのことはある」「…だけに」の形で、素質・能力・価値が相応に発揮される意を表す。「横綱だけあって強い」「苦労しただけのことはある」→だけに
㋒「…だけでは」「…だけでも」の形で、限定された条件を表す。「口先だけでは実現できない」「名前だけでも参加してほしい」→だけに
[補説]「だけ」は名詞「たけ(丈)」から転じたもので、近世以降になって助詞として用いられるようになった。もとの名詞「たけ」は副詞「ありったけ」などに名残をとどめている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だけ

( 副助 )
〔名詞「たけ(丈)」からの転。江戸前期からの語〕
体言、活用語の連体形および一部の格助詞などに付く。また、形容詞・形容動詞の連用形にも付くことがある。その事柄に問題の範囲を限定して、特に取り上げるのに用いられる。
それに限定する意を表す。 「あなた-に話す」 「二人-で話したい」 「ちょっと庭へ出る-だ」 「形式-整ってもだめだ」
それが限界で、それ以上には及ばないという気持ちをこめて、程度を表す。 「あれ-立派な人はいないね」 「走れる-走りなさい」 。特に、「…ば…だけ」「できるだけ」などの形で慣用的に用いる。 「多ければ多い-いい」 「できる-努力します」
物事の状態がそれにふさわしいという気持ちを表す。「だけに」「だけあって」の形を取ることが多い。 「さすが名医-に診察がうまい」 「熱心な-あって、すばらしい進歩だ」
近世には、清音の「たけ」の形でも用いられた。 「生きらるるたけ、添はるるたけ/浄瑠璃・冥途の飛脚 」 「わちきが身のおよぶたけは、おまはんに不自由はさせやあしませんから/人情本・梅児誉美 」 〔現代語でも、「なるたけ」「ありったけ」など、慣用的な言い方に「たけ」が用いられることがある。「なるたけやってみましょう」「ありったけの力を出す」〕 → だけに

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

だけの関連キーワード毛を以て馬を相す万緑叢中紅一点好い子になる私だけの部屋デイトリップクリッピング走らかし汁つけろ売買伊万里富士出来るだけ幽霊会社聞き齧る高嶺の花本屋学問禹行舜趨外題学問言い甲斐頼り甲斐筑紫富士活用語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だけの関連情報