宙ぶらりん(読み)チュウブラリン

  • ちゅうぶらりん チウ‥
  • ちゅうぶらりん〔チウ|チユウ〕
  • 宙ぶらりん/中ぶらりん
  • 宙ぶらりん・中チュウぶらりん

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
空中にぶらさがっていること。また、そのさま。「台風で電線が―になる」
どっちつかずで中途半端であること。また、そのさま。「―な(の)立場」「計画が―になる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
※続いたづら小僧日記(1909)〈佐々木邦訳〉「尚ほ好い加減の所へ宙(チウ)ぶらりんをしてゐると、地球が追々回転して、アメリカが見えるかも知れない」
※雑俳・柳多留‐一九(1784)「ころびとは中ぶらりんのばいた也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宙ぶらりんの関連情報