コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つばき油 つばきあぶら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

つばき油
つばきあぶら

乾燥させたツバキ種子から,圧搾法により採取した不乾性油で放置しておいてもほとんど蒸発することなく,比重 0.916。脂肪酸の主成分はオレイン酸で,約 90%を占めている。凝固点は最低-25℃と低く,黄色でさらっとしている。過去にはおもに髪油として用いられ,そのほか灯火用,時計用機械油として使われているが,さらにオリーブ油代用として医薬にも使われている。また,精製したものを料理用として使うこともあり,淡泊な味である。おもな産地として伊豆大島が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

つばき油の関連キーワードシヤンシー(湘西)トーチヤ(土家)族ミヤオ(苗)族自治州チエントンナン(黔東南)ミヤオ(苗)族トン(侗)族自治州ウェンシャン(文山)チワン(壮)族ミヤオ(苗)族自治州コワンシー(広西)チワン(壮)族自治区ターヤオシャン(大瑤山)山脈ウーリンシャン(武陵山)山脈チャンシャー(長沙)特別市チャントー(常徳)特別市ティエントン(滇東)高原チャオチン(肇慶)特別市ミヤオリン(苗嶺)山地チェンユワン(鎮遠)県トンレン(銅仁)地区ホンチヤン(洪江)市ホワイホワ(懐化)市ホーチー(河池)地区ニントー(寧徳)地区コワントン(広東)省チヤンシー(江西)省チーショウ(吉首)市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つばき油の関連情報