コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不乾性油 ふかんせいゆnondrying oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不乾性油
ふかんせいゆ
nondrying oil

植物油のうち,ヨウ素価 100以下のもの。薄膜にして空気中に放置するとき,乾燥しにくく,不飽和度が小さい。一般にオレイン酸リノール酸などの含有量の多いつばき油オリーブ油ひまし油など。食用にするほか,石鹸や頭髪油などの化粧品の製造などに使われるほか,界面活性剤原料や塗料用などにも利用される。 (→植物油脂 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

不乾性油

 植物油のうち,オレイン酸を主とする油.通常ヨウ素価は100以下.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふかんせいゆ【不乾性油 non‐drying oil】

酸素と結合しにくく,空気中に放置しても重合などが起こらず,薄膜にして放置しても乾燥して塗膜を生じない,乾燥性のない液状の油脂。ツバキ油,オリーブ油,ラッカセイ油,茶油ヒマシ油などがこれに属する。ヨウ素価が100以下である油脂が不乾性油として分類され,脂肪酸は飽和脂肪酸であるオレイン酸を主体に不飽和1ヵ所のリノール酸を含み,不飽和2ヵ所のリノレン酸をほとんど含有しないものが多い。上記の例のなかではヒマシ油の脂肪酸はリシノール酸が主で非食用であるが,その他の大部分が食用となり,また化粧品,医薬,潤滑油などの製造に用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふかんせいゆ【不乾性油】

不飽和脂肪酸の含有量が少ないために酸化されず、空気にさらしても乾いたり薄膜を作ったりしない植物油。ヨウ素価一〇〇以下のもの。オリーブ油・椿油・ひまし油など。不乾油。 ⇔ 乾性油

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不乾性油
ふかんせいゆ
non-drying oil

脂肪油のうち大気中に薄層にして長時日放置しても乾燥皮膜を形成しないものをいう。ヨウ素価100以下。主要成分脂肪酸はオレイン酸。ただし油によってはかなりの量の飽和脂肪酸、少量のリノール酸を含む。またひまし油のように特種脂肪酸を含み、特殊用途を有するものもある。食用油、頭髪油、潤滑油、せっけん原料などに使用される。オリーブ油(ゆ)、扁桃油(へんとうゆ)、椿油(つばきあぶら)、落花生油(ゆ)などがある。[福住一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の不乾性油の言及

【乾性油】より

…キリ油,亜麻仁油のようにそのグリセリドの脂肪酸成分としてリノール酸,リノレン酸などのオレイン酸よりさらに高度不飽和脂肪酸を多く含む油である。一般に油脂は乾性油,半乾性油,不乾性油に分類される。乾燥の反応は脂肪酸の不飽和結合と酸素の反応に起因するので,その難易は不飽和性の度合を示すヨウ素価で判定され,それによって油脂を分類することができる。…

【ヨウ素価(沃素価)】より

…有機化合物のヨウ素価は,ステアリン酸0,オレイン酸90,リノール酸181,リノレン酸274。植物油は塗膜の乾燥性と酸化しやすさから乾性油,半乾性油,不乾性油に分類され,対象となる油脂のヨウ素価が130以上なら乾性油,130~100ならば半乾性油,100以下ならば不乾性油である。油脂のヨウ素価は,乾性油のアマニ油170~204,ダイズ油114~138,半乾性油の綿実油88~121,不乾性油のラッカセイ油82~109,植物脂肪のパーム油43~60,ヤシ油7~16,海産魚油のイワシ油163~195,動物脂の牛脂25~60,バター脂25~47である。…

※「不乾性油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

不乾性油の関連キーワードラッカセイ(落花生)油ヒマシ油(蓖麻子油)ツバキ油(椿油)ヨウ(沃)素価ツバキ(椿)油スタンド油バオバブ半乾性油食用油脂ババス油蓖麻子油椰子油沃素価扁桃油脂肪油椿油

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android