コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とかげ座 とかげざLacerta

2件 の用語解説(とかげ座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とかげ座
とかげざ
Lacerta

蜥蜴座。 1690年 J.ヘベリウスによってつくられた北天の星座。概略位置は赤経 22時 25分,赤緯 43°。はくちょう座アンドロメダ座の中間にある。 10月下旬の宵に南中する。この星座には明るい星がなく,ギリシア文字 α ,β,γなどのついた星はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

とかげ座
とかげざ / 蜥蝪座

秋の宵、北の空高く横たわる淡い天の川にある小星座。星はみな4等星以下であまり目だたない。アンドロメダ座とはくちょう座の間の空白部分を埋めるために、17世紀のドイツ天文学者J・ヘベリウスが1687年に著した星図(死後出版)のなかに描いた。彼自身はこれを「いもり座」にするつもりであった、ともいわれている。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

とかげ座の関連キーワード在日米陸軍エッセイ庄内海岸砂防林宮崎市の古紙回収惲寿平楽家録久留島義太弘文館十二段聖堂

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone