とんだ霊宝(読み)トンダレイホウ

デジタル大辞泉の解説

とんだ霊宝(れいほう)

江戸両国で興行された見世物の一。三尊仏・不動明王・鬼などを乾魚や乾大根で細工し見世物としたもの。転じて、とんだこと、の意にいう。
「ぬしは―だね」〈・広街一寸間遊〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とんだ 霊宝(れいほう)

見世物の一つ。江戸時代、両国広小路(中央区東日本橋二丁目)で、開帳の霊宝に模して三尊仏・不動明王・役行者・鬼の、頭・手足・台座などの形に乾鮭や乾大根を細工し、それを見せて興行したもの。また転じて、とんだことの意を表わすのにいう。
※談義本・銭湯新話(1754)二「開帳場で、とんだ霊宝(レイホウ)を見せるなどと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる