とんだ霊宝(読み)とんだれいほう

精選版 日本国語大辞典「とんだ霊宝」の解説

とんだ 霊宝(れいほう)

見世物の一つ。江戸時代、両国広小路(中央区東日本橋二丁目)で、開帳の霊宝に模して三尊仏・不動明王・役行者・鬼の、頭・手足・台座などの形に乾鮭や乾大根を細工し、それを見せて興行したもの。また転じて、とんだことの意を表わすのにいう。
※談義本・銭湯新話(1754)二「開帳場で、とんだ霊宝(レイホウ)を見せるなどと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「とんだ霊宝」の解説

とんだ霊宝れいほう

江戸両国で興行された見世物の一。三尊仏・不動明王・鬼などを乾魚や乾大根で細工し見世物としたもの。転じて、とんだこと、の意にいう。
「ぬしは―だね」〈・広街一寸間遊〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android