コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開帳場 カイチョウバ

デジタル大辞泉の解説

かいちょう‐ば〔カイチヤウ‐〕【開帳場】

江戸時代、寺社の秘仏秘宝を公開していた場所。また、人が出てにぎわうところから、盛り場のこと。
歌舞伎などの大道具で、舞台上に設けられた斜面。山や坂道などに用いる。寺社開帳で、階段のところに特設される斜面に似ているところからいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいちょうば【開帳場】

社寺で、開帳を行なっている場所。
歌舞伎で、斜面を構成する大道具。社寺の開帳場で、階段を板でおおって坂にしたものと似るところからいう。
開帳を題材にした歌舞伎(開帳物)の大切おおぎり。神仏が示現し、その後一座総出の大踊りとなって終わる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の開帳場の言及

【歌舞伎】より

…別名〈所作舞台〉〈所作板〉〈敷舞台〉など。 開帳場(かいちようば)大道具用語。山や坂道など俳優が登り降りする斜面をいう。…

※「開帳場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

開帳場の関連キーワード江戸時代大踊り盛り場社寺

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開帳場の関連情報