なまし(読み)ナマシ

デジタル大辞泉の解説

な◦まし

[連語]《完了の助動詞「ぬ」の未然形+推量の助動詞「まし」》
(多く上の仮定表現を受けて)きっと…していただろう。
「白玉か何ぞと人の問ひし時露と答へて消え―◦ましものを」〈伊勢・六〉
(上の疑問の語を受けて)…してしまおうかしら。いっそのこと…しようか。
「幼き御ありさまのうしろめたさにことつけて、下りやし―◦ましと、かねてよりおぼしけり」〈・葵〉
きっと…だろう。…てしまうかもしれない。
「けふ来ずはあすは雪とぞ降り―◦まし消えずはありとも花と見ましや」〈古今・春上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なまし

( 連語 )
〔完了の助動詞「ぬ」の未然形「な」に推量の助動詞「まし」の付いたもの〕
…てしまうだろう。…てしまいそうだ。 「われ女ならば、同じ兄弟はらからなりとも必ず睦び寄り-・まし/源氏 若菜上」 「風をだにまちてぞ花の散り-・まし/後撰 春下
(多く疑問の語を受けて)…てしまおうか。…したものかしら。 「いかさまにせむ、法師にやなり-・まし、死にやし-・まし/宇津保 蔵開下
…であったら…することであったろう。 「近く寄せ-・ましかば、百千の弓箭ありとも取付なんには叶はずして、皆殺され-・まし/今昔 31
…すればよかったろう。 「やすらはで寝-・ましものをさ夜更けてかたぶくまでの月を見しかな/後拾遺 恋二

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

な‐・まし

(完了の助動詞「ぬ」の未然形に推量の助動詞「まし」の付いたもの)
① 未来への確定的な予想、または意志を表わす。
(イ) …てしまうだろう。
※古今(905‐914)春上・六三「けふ来ずはあすは雪とぞ降りなまし消えずは有りとも花と見ましや〈在原業平〉」
(ロ) (多く疑問の語を受けて) 決断に迷いながらも未来を考える気持を表わす。…してしまおうか。…するのがいいのではあるまいか。
※古今(905‐914)雑下・九五四「世中のうけくにあきぬ奥山のこの葉に降れるゆきやけなまし〈よみ人しらず〉」
(イ) 現実には反するが、条件によっては実現の可能性のあることを想像して表わす。…のだったら…することだったろう。
※万葉(8C後)九・一七四六「遠妻し高にありせば知らずとも手綱の浜の尋ね来名益(ナまし)
(ロ) 実現・実行しなかったことを残念に思う気持を表わす。…すればよかったろう。
※万葉(8C後)一四・三三五四「寸戸人(きへひと)のまだら衾に綿さはだ入り奈麻之(ナマシ)もの妹が小床に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android