ねまる

大辞林 第三版の解説

ねまる

( 動四 )
だまってすわる。 「 - ・りて物を思案する/史記抄 2
くつろいでいる。 「涼しさをわが宿にして-・るなり/奥の細道」
寝る。眠る。 「もう-・らまいか、女中〱、寝所をたのみます/滑稽本・膝栗毛 5
平伏する。膝ひざをつく。 「軍左衛門が-・り申して手をつかへるこりやさ/浄瑠璃・宵庚申
ねばる。また、食物がくさる。 「魚・餅・飯ナドガ-・ル/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねま・る

[動ラ四]
とじこもる。また、黙座する。
「―・りて物を思案することが大人の志のやうなぞ」〈史記抄・周本紀〉
すわる。また、ひれ伏す。
「これ軍右衛門が―・り申して手をつかへる」〈浄・宵庚申
くつろいで休む。
「お草臥(くたびれ)なら―・るべい」〈松の葉・二〉
寝る。臥す。
「もう―・らまいか」〈滑・膝栗毛・五〉
食べ物が腐る。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ねま・る

〘自ラ四〙
① とじこもる。蟄居(ちっきょ)する。黙座する。
※史記抄(1477)三「ねまりて物を思案することが、をとなの志のやうなぞ」
② すわる。しゃがむ。〔伊京集(室町)〕
※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)三「山かがちのねまり申たるよな大飯かきとりて」
③ くつろいで休む。そこにとどまる。逗留する。居る。
※四河入海(17C前)三「我はいつもあちこちにうつりあるいて客居でねまるぞ」
④ ある地位にいすわる。
※史記抄(1477)五「燕王〈略〉遼東を収めて王としてねまりたぞ」
⑤ 寝る。
※両足院本山谷抄(1500頃)一「をきもあがらいでいてねまるぞ」
⑥ 食物が腐る。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねまるの関連情報