コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のど自慢

2件 の用語解説(のど自慢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

のど自慢

1999年公開の日本映画。監督・脚本:井筒和幸、脚本:安倍照男。出演:室井滋、大友康平、尾藤イサオ、伊藤歩、松田美由紀竹中直人ほか。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

のど自慢
のどじまん

素人(しろうと)が歌謡曲・民謡などの優劣を競う催し。ラジオに聴取者が参加する最初の番組として、1946年(昭和21)1月19日以来、毎週NHKから「のど自慢素人音楽会」が放送され、全国各地を回りマイクロホンをその土地の人々に開放し、ローカル・カラーを電波にのせて人気を集めた。出演者の合否は、鐘を「一つ」「二つ」および「三つ以上連打」(合格)する三段階方式で評判となり、テレビ時代に入ってからは、ラジオと同時放送された。歌曲、民謡、ポピュラー、歌謡曲の四部門に分けてコンクールも行われ、全国各ブロックごとに「素人演芸会」予選を行い、毎年3月に代表を東京に集めて各部門それぞれに日本一を決めていたが、70年4月5日から「NHKのど自慢」として再出発した。
 その後、民間放送にも類似の番組が相次いで登場し、これらの催しに入賞して専門歌手としてデビューした者も少なくない。各レコード会社のスカウトが臨席して有望新人歌手の発掘を目的とする番組「スター誕生」なども現れて人気をよんだ。[佐藤農人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

のど自慢の関連キーワード創造性ホンダ ジョルノクレア学校給食公庫交通事故自立活動スペイン映画南西諸島文学賞メカトロニクス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

のど自慢の関連情報