コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井筒和幸 イヅツカズユキ

デジタル大辞泉の解説

いづつ‐かずゆき〔ゐづつ‐〕【井筒和幸】

[1952~ ]映画監督。奈良の生まれ。関西を舞台にした青春映画「岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS」で鮮烈な印象を与えた。その後は幅広いジャンルの作品で人気を集める。テレビ出演も多く、辛口の映画批評で知られる。代表作「二代目はクリスチャン」「犬死にせしもの」「のど自慢」「パッチギ!」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

井筒 和幸


芸名
井筒 和幸

性別
男性

生年月日
1952/12/13

星座
いて座

血液型
A

出身地
奈良県

職種
文化人

プロフィール
県立奈良高校在学中から映画制作を開始。8mmや16mmの映画を撮り始め、1975年に35mmのピンク映画『行く行くマイトガイ 青春の悶々』を初監督。1981年に『ガキ帝国』で日本映画監督協会新人奨励賞を受賞。以降『みゆき』『晴れときどき殺人』『二代目はクリスチャン』『宇宙の法則』、1996年『岸和田少年愚連隊』でブルーリボン賞最優秀作品賞を受賞。『のど自慢』『ビッグ・ショー!ハワイに唄えば』『ゲロッパ!』『パッチギ!』を立て続けに話題作を制作し、多くの映画賞を受賞。日本人高校生と在日朝鮮人高校生の恋愛模様や友情を描いた『パッチギ!』は、2005年度のキネマ旬報ベスト・テンにおいて委員選出日本映画第1位を獲得。また独自の批評精神と鋭い眼差しによりさまざまなメディアでの「ご意見番」としても活躍。主な出演作品に、フジテレビ『こたえてちょーだい!』、TBS『きょう発プラス』、毎日放送『ちちんぷいぷい』、CM『ダイハツ工業「テリオスルキア」』『味の素「うまい」シリーズ』『マツダ「アテンザ」』など。著書に、『アホか、お前ら!』『サルに教える映画の話』『虎の門 井筒和幸のこちトラ自腹じゃ!101本斬り』『宇宙の法則』ほか多数。

代表作品
映画『ガキ帝国』・『ガキ帝国 悪たれ戦争』(1981) / 映画『岸和田少年愚連隊』(1996) / 映画『パッチギ!』(2004)

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

井筒和幸の関連キーワードビッグ・ショー! ハワイに唄えば罪と罰 ドタマかちわったろかの巻パッチギ!LOVE&PEACEさすらいのトラブルバスター(金)(ビ)の金魂巻晴れ、ときどき殺人日本映画史(年表)黄金を抱いて翔べヒーローショー突然炎のごとく大河内奈々子沢尻エリカ加藤 和彦木下ほうか森安まゆみ林 健太郎大森立嗣水上雅人黒木陽子三浦誠己

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井筒和幸の関連情報