コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はえなわ(延縄) はえなわ

2件 の用語解説(はえなわ(延縄)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

はえなわ(延縄)【はえなわ】

1本の幹縄に釣針をつけた多数の枝縄を結んだ釣漁具。水の上層・中層に浮標をつけて張る浮はえなわと,水底に張る底はえなわとがある。前者は遠洋で使われるマグロはえなわが主で,ほかにサバ,トビウオ,ブリなどのはえなわがある。
→関連項目漁具漁船サケ・マス漁業シャチタイ(鯛)ビンナガマグロ(鮪)メカジキヨシキリザメ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はえなわ【はえなわ(延縄) long line】

釣漁具の一種で,魚群を対象とし多数の魚を捕獲できるようにくふうされている。釣針は枝縄につけ,多数の枝縄を長い幹縄につなぐのが基本的構造である。目的に応じて適当な長さ,適当な針数に仕立て,籠などにおさめたものを1鉢(バスケットbasket)と呼ぶ。漁場ではなん鉢もつなげて用いる。近年のマグロはえなわのように長く,また投縄,揚縄を専用の機械で行うようになると,枝縄は装着・脱着自在の構造として別に保管し,長い幹縄はリールにまき,あるいは格納庫に収納しておく(図1)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

はえなわ(延縄)の関連キーワード揚繰網漁具巾着網魚群ひし分一漁業保険底引網魚杈まき網漁業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone