はえなわ(延縄)(読み)はえなわ

百科事典マイペディア「はえなわ(延縄)」の解説

はえなわ(延縄)【はえなわ】

1本の幹縄に釣針をつけた多数の枝縄を結んだ釣漁具。水の上層・中層に浮標をつけて張る浮はえなわと,水底に張る底はえなわとがある。前者は遠洋で使われるマグロはえなわが主で,ほかにサバ,トビウオ,ブリなどのはえなわがある。後者にはタラ,タイ,フグ,カレイなどのはえなわがある。
→関連項目漁具漁船サケ・マス漁業シャチタイ(鯛)ビンナガマグロ(鮪)メカジキヨシキリザメ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「はえなわ(延縄)」の解説

はえなわ【はえなわ(延縄) long line】

釣漁具の一種で,魚群を対象とし多数の魚を捕獲できるようにくふうされている。釣針は枝縄につけ,多数の枝縄を長い幹縄につなぐのが基本的構造である。目的に応じて適当な長さ,適当な針数に仕立て,などにおさめたものを1鉢(バスケットbasket)と呼ぶ。漁場ではなん鉢もつなげて用いる。近年のマグロはえなわのように長く,また投縄,揚縄を専用の機械で行うようになると,枝縄は装着・脱着自在の構造として別に保管し,長い幹縄はリールにまき,あるいは格納庫に収納しておく(図1)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android