びっくりハウス(読み)びっくりはうす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

びっくりハウス
びっくりはうす

感覚的錯覚や物理的現象を利用して、人を驚かせる装置を備えた遊園地の娯楽建築物。遊園地によって装置が異なるが、メーンは回転する部屋で、この装置をびっくりハウスと称することもある。この部屋は、家具、時計、額縁などが四方の壁に固定されていて、壁だけが回転するようにできている。しかし、部屋の中央に座った観客は、自分自身が部屋ごと回転している錯覚をおこしてパニックに襲われる。びっくりハウスには、このほか、内部の人には気づかれぬように建物を傾け、低い所から高い所にボールが転がるように錯覚させる装置、凸面鏡や凹面鏡を設けてゆがんだ姿を楽しませるものもある。[梶 龍雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

びっくりハウスの関連情報