コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぴたぴた ピタピタ

デジタル大辞泉の解説

ぴた‐ぴた

[副]
平手でたたいたり、裸足(はだし)で歩いたりする音を表す語。ぺたぺた。「廊下をぴたぴたと歩く」
物がぴったりと付くさま。
「湯上りの素足が凍えた。岩に―吸いついた」〈康成・温泉宿〉
[形動]水などが揺れ動いたりはねたりするさま。
「土が凹(へこ)んで水が―に溜っている」〈漱石三四郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぴたぴた

( 副 )
物が密着するさま。 「シールを-はる」
手で軽くたたく音や素足で歩く音を表す語。 「蚊を、-叩きはじめた/黴 秋声

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぴたぴたの関連キーワード湯上り秋声素足

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android