コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぶいぶい ブイブイ

デジタル大辞泉の解説

ぶい‐ぶい

[副]不平などをうるさく言いたてるさま。ぶうぶう。
「常に―地口をいふ人も、点取りでは言へませぬ」〈滑・浮世風呂・四〉
[名]うるさく言いがかりをつけて嫌われる人。
「何さ―共、人おどしの腕(かひな)に色々の彫り物して」〈浄・油地獄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶいぶい

( 副 )
うるさく物を言いたてるさま。ぶうぶう。ぶつぶつ。 「常に-地口じぐちをいふ人も/滑稽本・浮世風呂 4
( 名 )
何かとうるさく言い立てる人。特に無頼漢についていう。 「何さ-ども、人おどしの腕かいなに色々の彫り物して/浄瑠璃・油地獄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぶいぶいの関連情報