ぶいぶい(読み)ブイブイ

デジタル大辞泉の解説

ぶい‐ぶい

[副]不平などをうるさく言いたてるさま。ぶうぶう。
「常に―地口をいふ人も、点取りでは言へませぬ」〈滑・浮世風呂・四〉
[名]うるさく言いがかりをつけて嫌われる人。
「何さ―共、人おどしの腕(かひな)に色々の彫り物して」〈浄・油地獄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶいぶい

( 副 )
うるさく物を言いたてるさま。ぶうぶう。ぶつぶつ。 「常に-地口じぐちをいふ人も/滑稽本・浮世風呂 4
( 名 )
何かとうるさく言い立てる人。特に無頼漢についていう。 「何さ-ども、人おどしの腕かいなに色々の彫り物して/浄瑠璃・油地獄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶい‐ぶい

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 小言や不平をうるさくいい立てるさまを表わす語。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「常にぶいぶい地口をいふ人も」
② 勢いよく回すさまを表わす語。ぐいぐい。
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉前「歯車のついた竹筒をぶいぶいとまはしながら」
③ 放屁の音を表わす語。
※咄本・金財布(1779か)屁ッぴり「両国屁っぴりの舞台の正面へ見物飛び上り、ブイブイブイとひる」
[2] 〘名〙
① 他人に喧嘩(けんか)などを売って嫌われている人。多く無頼漢や侠客についていう。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「何さぶいぶい共、人おどしのかいなに色々の彫物して喧嘩に事よせ」
② 小言、あるいは不平。
※雑俳・川柳評万句合‐安永六(1777)宮三「ふいふいをききなれて居るながへもち」
③ 「こがねむし(黄金虫)」をいう。〔俳諧・俳諧二見貝(1780)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぶいぶいの関連情報