ぶぶ(読み)ブブ

デジタル大辞泉の解説

ぶぶ[名]

湯または茶をいう幼児語・女性語
「―も爰(ここ)に冷ましてあるぞえ」〈洒・南遊記〉

ぶぶ[副]

[副]《「ぶんぶん」の撥音の無表記》ハチの羽音を表す語。
「大きさ三寸ばかりなる蜂の…―と言ひて」〈今昔・二九・三六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶぶ

お茶または湯をいう幼児語・女性語。 「かか様-がのみたいも/浄瑠璃・油地獄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶぶ

〘名〙 茶または湯をいう幼児・女性語。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「お清は六つ中娘、かか様、ぶぶがのみたいも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぶぶの関連情報