コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へき(劈)開 へきかい

百科事典マイペディアの解説

へき(劈)開【へきかい】

鉱物や結晶をたたいたとき一定方向の面に沿ってだけ割れること。このような性質をへき開性,その面をへき開面という。鉱物結晶を構成する原子の結合力が方向により異なるために生ずる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

へき(劈)開の関連キーワードケイ(珪)酸塩鉱物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android