コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぼう示 ぼうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ぼう示
ぼうじ

土地の境界の印。「榜示」とも書く。おもに中世荘園などで四至堺が画定されたとき,その堺線上の要点に,境界標識として立てた石や木のくいなど。 1961年発見された,越後国奥山荘の石ぼうは有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ぼう示の関連キーワード荘園(日本)【ぼう】示不輸不入荘園絵図松浦荘箕面市

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android