コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まうし マウシ

2件 の用語解説(まうしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まうし[助動]

[助動][○|まうく・まうかり|○|まうき|まうけれ|○]動詞の未然形に付く。希望しない意を表す。…したくない。…するのがいやだ。
「この君の御童姿、いと変へまうくおぼせど」〈・桐壺〉
[補説]希望の助動詞「まほし」の反対の意を表す語で、「ま憂(う)し」の意。希望の助動詞「まほし」が「ま欲し」と理解され、その類推として成立した。推量の助動詞「む」の未然形「ま」に接尾語「く」が付き、さらに、形容詞「憂し」が付いた「まくうし」の音変化とみる説もある。中古・中世の仮名文学を中心に用いられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まうし

( 助動 ) ( ○ ・まうく(まうかり) ・○ ・まうき ・まうけれ ・○ )
〔「まく憂し」の転。「まくほし→まほし」の類推によって生じたもの。中古中期から中世前期まで用いられた〕
打ち消し希望の助動詞。動詞の未然形に接続する。「まほし」の反対語で、「…したくない」の意を表す。 「この君の御童姿いと変へまうく思せど、十二にて御元服し給ふ/源氏 桐壺」 「髪いと長き女をかき給ひて、鼻に紅べにをつけて見給ふに、かたにかきても見まうきさましたる/源氏 末摘花」 〔 (1) この語の用例はあまり多くない。終止形の例は見当たらない。 (2) 中世には連用形に付いた例もある。「玉の台と住まひし海人苫屋も住みまうく、渚を洗ふ浪の音も折から殊に哀れなり/平家 六本・延慶本」〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まうしの関連キーワードかりこすざあますさしもしゃますでえすふうですべかしましじらゆ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

まうしの関連情報