ませ(読み)マセ

  • 助動
  • 名・形動

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]《動詞「ませる」の連用形から》年齢の割におとなびていること。また、そのさまや、そのような人。早熟。→おませ
「女は―な物ではあり」〈一葉十三夜
[助動]《丁寧の助動詞「ます」の命令形》
丁寧の気持ちを込めて、相手にある動作を要求する意を表す。「どうかお許しくださいませ
丁寧の気持ちを込めて挨拶する意を表す。「ごめんくださいませ
[補説]12とも「いらっしゃる」「くださる」「なさる」などの尊敬語に付いて用いられる。また、「まし」となることもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (動詞「ませる」の連用形の名詞化) ませていること。子どもなどが年齢の割に大人びていること。こざかしいこと。また、その人。早熟。おませ。
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「盗(ぬすみ)かはくは何奴(どいつ)じゃい、ませの自然生(じねんじょ)めか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ませの関連情報