コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みずうみ

3件 の用語解説(みずうみの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

みずうみ

日本の唱歌の題名。作詞:山川啓介。エドヴァルド・グリーグの組曲「ペール・ギュント」内の歌曲「ソルヴェイグの歌」に日本語詞をつけたもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

みずうみ
みずうみ

インメン湖」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

みずうみ
みずうみ
Immensee

ドイツの詩人シュトルムの初期の短編小説。1849年刊。このドイツ文学における珠玉の小品には、北ドイツはシュレスウィヒ・ホルシュタイン州独特の風物が醸し出す憂愁と孤独が、青春時代の夢のような恋物語のなかに、きわめて色濃く描き出されている。「晩秋のある日の午後、りっぱな服装を身に着けた1人の老人がゆっくりと町の通りを下って行った」という冒頭からもうかがえるように、この作品では前後約20年間のできごとが、1人の老人の回想の形で写実的に語られている。主人公ラインハルト・ウェルナーは、母と2人だけで暮らしている5歳年下のエリーザベトと楽しい幼年時代を過ごしたが、彼女の母の願いで、彼女は主人公の友人エーリヒと結婚することになる。インメン湖畔の2人の新家庭を訪れた主人公は、彼の青春時代の恋がもはや消えてしまったのを知るのである。[石渡 均]
『関泰祐訳『みずうみ』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みずうみの関連キーワードとんびうさぎ歌の町おうまおまつり口笛吹いてたきび天使の羽のマーチ花かげひなげし

みずうみの関連情報