コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みずへび座 みずへびざHydrus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

みずへび座
みずへびざ
Hydrus

水蛇座。 12月の宵に南中する,天の南極に近く,アケルナーの南にある星座。概略位置は赤経2時 40分,赤緯-72°。日本からは見えない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

みずへび座
みずへびざ / 水蛇座

南半球の星座で、南北に細長く、天の南極近くまで延びている。エリダヌス座の南に接し、肉眼で見える大小二つのマゼラン星雲(マゼラン銀河)に挟まれているため、位置の見当はつけやすい。日本では沖縄付近で、北の部分がほんのすこし水平線上に見られる。16世紀のドイツの天文学者バイヤーJohann Bayer(1572―1625)が1603年に刊行した全天星図『ウラノメトリア』のなかに初めて描かれた12星座の一つで、日本ではかつて小海蛇座と訳されたこともある。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

みずへび座の関連キーワード水蛇座