コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むち打ち苦行者(鞭打ち苦行者) むちうちくぎょうしゃflagellant

翻訳|flagellant

世界大百科事典 第2版の解説

むちうちくぎょうしゃ【むち打ち苦行者(鞭打ち苦行者) flagellant】

中世における異端的キリスト教運動の一つ。本来,鞭打ちは規則違反に対する懲罰であったが,のちにこのことから逆に,苦行改悔の手段として採用されるようにもなった。13世紀イタリアにおいて,世界終末の接近を警告し,道徳的退廃を非難して鞭打ち苦行を行ったものが,最初の集団的な事例である。1261年には,キリスト教教義に反するものとして禁じられている。1348年,黒死病(ペスト)の大流行に際してのものが,とりわけ大規模であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

むち打ち苦行者(鞭打ち苦行者)の関連キーワード中世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android