コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むち打ち苦行者(鞭打ち苦行者) むちうちくぎょうしゃ flagellant

翻訳|flagellant

1件 の用語解説(むち打ち苦行者(鞭打ち苦行者)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むちうちくぎょうしゃ【むち打ち苦行者(鞭打ち苦行者) flagellant】

中世における異端的キリスト教運動の一つ。本来,鞭打ちは規則違反に対する懲罰であったが,のちにこのことから逆に,苦行と改悔の手段として採用されるようにもなった。13世紀イタリアにおいて,世界終末の接近を警告し,道徳的退廃を非難して鞭打ち苦行を行ったものが,最初の集団的な事例である。1261年には,キリスト教教義に反するものとして禁じられている。1348年,黒死病(ペスト)の大流行に際してのものが,とりわけ大規模であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

むち打ち苦行者(鞭打ち苦行者)の関連キーワード異端審問仇教運動キリスト教綱要キリスト教社会主義宗教裁判テルトゥリアヌス徳目キリスト教会キリスト教徒菅円吉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone