コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ものぞ モノゾ

2件 の用語解説(ものぞの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もの‐ぞ

[連語]《形式名詞「もの」+係助詞「ぞ」。古くは「ものそ」とも》
強い断定の意を表す。…ものである。…ものだ。「これしきの寒さ、何するものぞ
「旅にはあらはなる事もある―」〈落窪・四〉
(多くは推量の助動詞「む」に付いて)想像する気持ちを強める意を表す。きっと…にちがいない。
「まだ明かきほどに来なむ―」〈・蛍〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ものぞ

( 連語 )
〔形式名詞「もの」に係助詞「ぞ」の付いたもの。古くは「ものそ」〕
文末にあって、活用語の連体形に付き、強い断定の意を表す。…ものである。…であるにちがいない。 「きたなき所の物きこしめしたれば御心地あしからむ-/竹取」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ものぞの関連情報