もんだから(読み)モンダカラ

精選版 日本国語大辞典の解説

もん‐だから

連語〙 (「ものだから」の変化した語)
① 「…もんだから」の形で動詞・形容詞の連体形を受けて原因・理由を表わす。
人情本・春色辰巳園(1833‐35)四「いつにねへ物のいひやうをしなはるもんだから」
※濹東綺譚(1937)〈永井荷風〉七「然し人は見掛によらないもんだからね」
② 「…だもんだから」「…なもんだから」の形で名詞や形容動詞を受けて、理由を説明的に表わす。
※続々金色夜叉(1899‐1902)〈尾崎紅葉〉三「其が思切って出来ない性分だもんだから、つい這麽(こんな)破滅にも成って了って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もんだからの関連情報