コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やいの ヤイノ

デジタル大辞泉の解説

や‐いの

[連語]《間投助詞「や」+終助詞「いの」。近世上方の女性語》文末にあって、訴えかけたり強く言いかけたりする意を表す。
「わしもいっしょに死ぬるぞ―」〈浄・曽根崎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やいの

( 連語 )
〔助動詞「やる」の命令形「やれ」の転である「やい」に終助詞「の」が付いたもの。近世上方語〕
軽い敬意をこめて命令する意を表す。 「ちと目を明いて気に張りを持ち-/浄瑠璃・天の網島

やいの

( 連語 )
〔間投助詞「や」に終助詞「い」、終助詞「の」の付いたもの。近世上方の女性語〕
文末にあって、聞き手に対して強く言いかけるのに用いる。 「どうで徳様いつしよに死ぬる。わしもいつしよに死ぬるぞ-/浄瑠璃・曽根崎心中」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android