コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やぎ座(山羊座) やぎざ Capricornus

1件 の用語解説(やぎ座(山羊座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やぎざ【やぎ座(山羊座) Capricornus】

略号はCap。黄道星座の一つ。大きな天域に2等以下の暗い星が逆三角形の星座の主体をつくる。ヤギの角とあごひげをもった牧羊神パンが川のほとりで怪物テュフォンに襲われ,川の中に逃げこむときに,下半身のみが魚に化身した姿であるという。南回帰線のことをやぎ座の回帰線tropic of Capricornというのは,バビロニア時代にはこの星座に冬至点があった(現在はいて座)ことによる。概略位置は赤経20h50m,赤緯-20゜。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

やぎ座(山羊座)の関連キーワード黄道十二宮海豚座海蛇座髪座黄道帯竜座黄道十二星座四分儀座黄道十二宮と十二星座サイデリアル星座

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone