コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝篋印塔 ほうきょういんとう

6件 の用語解説(宝篋印塔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝篋印塔
ほうきょういんとう

宝篋印陀羅尼という呪文を収めた塔。のちに供養塔,墓碑塔として建てられた。中国,呉越王の銭弘俶が建立した八万四千塔を模して日本でも様式が定まり,呪文の有無にかかわらず,宝篋印塔と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうきょういん‐とう〔ホウケフインタフ〕【宝×篋印塔】

宝篋印経にある陀羅尼を書いて納めた塔。日本ではふつう石塔婆の形式の名称とし、方形の石を、下から基壇・基礎・塔身・笠・相輪と積み上げ、笠の四隅に飾りの突起があるものをいう。のちには供養塔・墓碑塔として建てられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宝篋印塔【ほうきょういんとう】

宝篋印陀羅尼を納めた経塔。これを礼拝することで罪障が消滅し,苦を免れ,長寿を得ると信仰された。正方形平面の塔身上に段形の屋根をのせ,その四隅に突起した飾りをつける。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうきょういんとう【宝篋印塔】

方形の基台上に四角の塔身を据え,方形の階段状の屋根を置き,上に相輪を立て,四隅に突起状の飾りをつけた形の塔で,内部に宝篋印陀羅尼を収めたためにこの名がある。法隆寺夢殿救世観音の光背刻出の塔や,法隆寺金堂多聞天捧持の5本の相輪をつけた塔などは原始宝篋印塔と称され,飛鳥時代までさかのぼる。宝篋印陀羅尼は,一切如来の心内にある秘密の全身舎利を念じこめた呪文(陀羅尼)で,これを収めた塔を礼拝することによって罪障を消滅し,苦を免れ,長寿を得るとして,この信仰は広まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうきょういんとう【宝篋印塔】

宝篋印陀羅尼の経文を納めた塔。方形の基礎・塔身・蓋からなり、蓋の上に相輪を立てる。蓋の四隅に隅飾り突起がついているのが特徴。のちには供養塔・墓碑塔にも用いられた。聖塔しようとう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宝篋印塔
ほうきょういんとう

木造・銅造もあるが、一般には墓地に造立された石塔。蓋(かさ)(笠)の部分の四隅に馬耳形の突起(方位)をもつのが特徴である。本来は宝篋印陀羅尼(だらに)を納めるための塔であったが、のちにはこの特徴をもつ塔の名称となった。中国の呉越(ごえつ)王の銭弘俶(せんこうしゅく)が作成した金銅製の八万四千塔に倣って、日本でも宝篋印陀羅尼を墨書した紙で籾(もみ)を一粒ずつ包んで納めた5センチメートルほどの籾塔(もみとう)が作成されたのに始まるとされる。この籾塔は奈良県室生(むろう)寺から発見された。銅造では高野山(こうやさん)から発掘された弘安(こうあん)10年(1287)の銘文をもつものがあり、石造では鎌倉の岩窟(がんくつ)から出土した宝治(ほうじ)2年(1248)銘のものなどが古い。鎌倉中期以降は石造のものが多くなる。古代のものは基座の上に方形の塔身を置き、上面の平らな蓋の上に5本の相輪(そうりん)を立てたものであり、中世以降のものは基礎の上に方形の塔身、その上に蓋、相輪が置かれ、蓋には数段の階段があり、四隅に馬耳形の突起が設けられている。突起は早期のものほど直線的である。[廣瀬良弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宝篋印塔の言及

【塔】より

…木造塔は多層塔(3,5,7,9,13層)と多宝塔が普通である。石塔は日本では小さなものしかなく,形式としては多層塔,多宝塔,宝塔,宝篋印(ほうきよういん)塔,五輪塔,無縫塔,笠塔婆などがある。鉄塔や銅塔には相輪橖(そうりんとう),宝塔,五輪塔などがある。…

【墓】より

… 平安末期ころから埋葬地に石製や木製の卒都婆を立てることが一般的となった。五輪塔宝篋印塔(ほうきよういんとう)がよく使われた。さらに火葬骨や爪髪などを木製の五輪塔や竹の簡にこめて兜率天(とそつてん)の浄土であると信じられた高野山の奥の院へ納める風習も発生した。…

※「宝篋印塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宝篋印塔の関連キーワード宝塔卵塔四方巡方方鏡方形目を据える肝を据える枡形立方形の

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宝篋印塔の関連情報