やしゃる(読み)ヤシャル

  • 助動

デジタル大辞泉の解説

[助動]《「さしゃる」の音変化とも》語幹と活用語尾との区別のない動詞の未然形に付く。尊敬の意を表す。…なさる。
「若(も)し二親の手前を遠慮して居やしゃるまいものでもない」〈浄・忠臣蔵
[補説]主として近世上方で行われ、前期は下二段活用「やしゃれ・やしゃれ・やしゃる・やしゃるる・やしゃるれ・やしゃれい」のものと四段活用「やしゃら・やしゃり・やしゃる・やしゃる・やしゃれ・やしゃれ」のものとがみられるが、後期には四段活用のものだけとなる。→やっしゃる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘助動〙 (活用は「しゃる」に同じ) 未然形が一音節である動詞の未然形(カ変・サ変は連用形)に付き、尊敬の意を表わす。主に近世上方で用いた語。お…なさる。お…になる。やっしゃる。→しゃる
※歌舞伎・仏母摩耶山開帳(1693)二「アア兄様の持ってゐやしゃる」
[補注]「浪花方言」には「しゃった又しゃる(出(で)やしゃった、来(き)やしゃるなど蔭にてもあがめ云言葉也。江戸の出さしった、来さしゃるなり)」とあり、江戸の「さしゃる」「さっしゃる」の転ともいわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android