やしゃんす(読み)ヤシャンス

  • 助動

デジタル大辞泉の解説

[助動][やしゃんせ|やしゃんし|やしゃんす|やしゃんす|やしゃんすれ|やしゃんせ]《尊敬の助動詞「やしゃる」に丁寧の助動詞「ます」の付いた「やしゃります」の音変化。近世の上方における女性語》「やしゃます」に同じ。
「様子を聞きに町へ出やしゃんした」〈・好色伝授〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘助動〙 (助動詞「やしゃる」に助動詞「ます」の付いた「やしゃります」の変化した語。活用は「やしゃんせ・やしゃんし・やしゃんす・やしゃんす・やしゃんすれ・やしゃんせ」) 未然形が一音節である動詞の未然形に付き、動作者への尊敬の意と話相手への丁寧の意を表わす。その動作者が相手その人である場合は、高い敬意を表わす。お…なさいます。お…になります。近世上方で、女性が用いた語。→しゃんす
※歌舞伎・百夜小町(1684)一「こな様は男同志、少将様と寝やしゃんせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android