やしゃんす(読み)ヤシャンス

デジタル大辞泉の解説

やしゃんす[助動]

[助動][やしゃんせ|やしゃんし|やしゃんす|やしゃんす|やしゃんすれ|やしゃんせ]《尊敬の助動詞「やしゃる」に丁寧の助動詞「ます」の付いた「やしゃります」の音変化。近世の上方における女性語》「やしゃます」に同じ。
「様子を聞きに町へ出やしゃんした」〈・好色伝授〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やしゃんす

助動 やしやんせ ・やしやんし ・やしやんす ・やしやんす ・やしやんすれ ・やしやんせ
尊敬の助動詞やしゃるに丁寧の助動詞ますの付いたやしゃりますの転。近世上方の女性語
未然形が一音節である動詞の未然形に付く。動作者への尊敬の意と話し相手への丁寧の意を表す。動作者が話し相手である場合には特に大きな敬意を表す。お…なさいます。お…になります。 おおよう名乗つて出やしやんした/浄瑠璃・男作五雁金 伯父様が此子を抱いて寝やしやんす/歌舞伎・暁の鐘

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やしゃんす

〘助動〙 (助動詞「やしゃる」に助動詞「ます」の付いた「やしゃります」の変化した語。活用は「やしゃんせ・やしゃんし・やしゃんす・やしゃんす・やしゃんすれ・やしゃんせ」) 未然形が一音節である動詞の未然形に付き、動作者への尊敬の意と話相手への丁寧の意を表わす。その動作者が相手その人である場合は、高い敬意を表わす。お…なさいます。お…になります。近世上方で、女性が用いた語。→しゃんす
歌舞伎・百夜小町(1684)一「こな様は男同志、少将様と寝やしゃんせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android