やんや(読み)ヤンヤ

デジタル大辞泉の解説

やん‐や

[名・形動]ほめそやすこと。また、そのようなさま。
「女房が五大力の爪弾きを聴いてるも―な沙汰ぢゃあねえ」〈滑・浮世風呂・三〉
[感]ほめそやすときに発する語。「やんややんや喝采を浴びる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やんや

ほめはやす時に発する語。 -、-の大喝采かつさい
ほめそやすこと。喝采。 何所其所どこそこで-を獲たる自慢/五重塔 露伴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やん‐や

[1] 〘感動〙
① ほめそやす時に発することば。うまいうまい。うまいぞ。いいぞ。
※虎明本狂言・丼礑(室町末‐近世初)「やんや、人のほむるが道理で御ざる」
② 歌謡などの囃子詞(はやしことば)
※虎寛本狂言・節分(室町末‐近世初)「せど門へ柊をさすといふ事をはったとわすれて、目をしっくりとついたよな。あら目ひひらぎやんや」
[2] 〘形動〙 称賛に値するさま。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「女房が五大力の爪弾を聴居(きいて)るもヤンヤな沙汰ぢゃアねへ」
[3] 〘名〙 ほめそやすこと。(かっさい)
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「潮来曲(いたこぶし)などといふものが、さのみヤンヤとも思ひやせんが癈(すた)らずにはやる」
[4] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) たてつづけにどんどん行動するさまを表わす語。
※人情本・春の若草(1830‐44)三「少しも速く宜ひ客人を取り当て座敷でも持せて貰ってやんやと売出して見たがいひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やんやの関連情報