爪弾き(読み)ツマハジキ

  • つまびき
  • つめびき
  • 爪▽弾き

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
人さし指や中指を親指の腹に当て、強くはじくこと。嫌悪・軽蔑・非難などの気持ちを表すしぐさ。
ある人を忌みきらって排斥すること。「同僚から爪弾きされる」
[名](スル)弦楽器を指先ではじいて鳴らすこと。つめびき。「三味線を爪弾きする」
[名](スル)三味線などの弦楽器をつまびくこと。特に、小唄三味線で、(ばち)を使わないで指先で弾くこと。つまびき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
仏家の弾指だんしから
(不満・軽蔑・非難などの気持ちから)指先を親指の腹に当て、その指を強くはじくこと。 ひそかに独り-して、天を仰いでつぶやくやう/慨世士伝 逍遥
他人を嫌って排斥すること。仲間はずれにすること。 -にあう 世間から-される 町内では乱暴者の悪太郎と-をする/坊っちゃん 漱石
スル
弦楽器を指先ではじいて鳴らすこと。つめびき。
スル
つまびき爪弾

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

爪弾きの関連情報