よしよし(読み)ヨシヨシ

デジタル大辞泉の解説

よし‐よし

[感]
目下の相手の希望などを承知したときに用いる語。わかった、わかった。「よしよし、買ってやるよ」
目下の相手をなだめたり力づけたりするときに用いる語。「よしよし、心配しないでいいよ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よしよし

相手の行為を是認したり、意向を受け入れたりするときにいう語。 -、わかった
相手を慰めたりなだめたりするときにいう語。 -、もう泣くな

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よし‐よし

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 気づかずに平気でいるさまを表わす。平然と。気楽げに。
※波形本狂言・因幡堂(室町末‐近世初)「さればこそあれによしよしと通夜をしている」

よし‐よし

〘感動〙
相手の気持やことばを受けて承諾する際にいうことば。わかったわかった。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「よしよし晩に早く仕舞て切を見に押かけようス」
② 相手を慰めたりなだめたりする時にいうことば。
※幸若・元服曾我(寛永版)(室町末‐近世初)「よしよし、北条もさはおもはれ候まじ。こころをしづめてまたせ給へ」
③ 俗謡などのはやしことば。
歌謡・粋の懐(1862)八・一九・よしよしぶし「さても心がうかれだしたる、たっぷりいやみの子ども衆が、地につきかぬるによしよし、世の中丸うてよしよし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

よしよしの関連情報