よりほか

精選版 日本国語大辞典の解説

〘連語〙 (格助詞「より」に名詞「ほか」の付いたもの) 下に打消の語を伴って、それと限る意を表わす。よりしか。よりか。
※古今(905‐914)秋上・二〇五「ひぐらしの鳴く山里の夕暮は風よりほかに問ふ人もなし〈よみ人しらず〉」
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉一七「かれは感情を披瀝する詩人としてより他(ホカ)に光明を認め得るものはないと思った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

よりほかの関連情報