コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よりか ヨリカ

デジタル大辞泉の解説

より‐か

[連語]
《格助詞「より」+副助詞「か」》比較・選択の標準を表す。よりも。「これよりか多い」「スケートよりかスキーの方がよい」
《格助詞「より」に係助詞「ほか」の付いた「よりほか」の音変化》下に打消しの語を伴って、それに限定する意を表す。「あきらめるよりか仕方がなかった」
[補説]ともくだけた会話などでは「よか」となることもある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よりか

( 連語 )
〔格助詞「より」に名詞「ほか」の付いた「よりほか」の転。話し言葉でのくだけた言い方などに用いられる〕
下に打ち消しの語を伴って、それと限る意を表す。 「残念だけど、あきらめる-仕方がなかった」 「これ-することがないんだ」

よりか

( 連語 )
〔格助詞「より」に副助詞「か」の付いたもの〕
比較の規準を表す。「か」は語調をととのえるために軽く添えられたもの。 「去年-泳ぎがずっとじょうずになった」
選択の規準を表す。…ではなくて。 「それ-、こちらのほうをもらおう」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

よりかの関連キーワードRegistration Periodリモートキーレスエントリー柳に雪折れ無しスーパーマンノックダウンおくのほそ道多治見国長乞食の朝謡中川信夫松平頼謙寄り居る松平頼看寄っ掛る凭れ合う押っ掛る負ぶさる尋ね出づ結城神社村上義明一柳頼欽

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

よりかの関連情報