よりか

精選版 日本国語大辞典「よりか」の解説

より‐か

[一] (格助詞「より」に副助詞「か」の付いたもの) 比較・選択の規準を示す。よりも。よりかも
洒落本・滑稽吉原談語(1802)四「いたくもねへはらをさぐられるよりか、もうこけへはめへりやすめへ」
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「燕枝の方はあれよりかズット精妙ヨ」
[二] (「よりほか」の変化したもの) 体言及び体言と同資格の語を受け、下に打消の語を伴って、それと限るを表わす。
※人情本・いろは文庫(1836‐72)一九「爰のに犬が寐て居るから、最う是よりか寄られないヨ」
[補注](一)の「か」は本来、不定の意を表わす副助詞であったものが語調をととのえるために軽く添えられたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「よりか」の解説

より‐か

[連語]
《格助詞「より」+副助詞「か」》比較・選択の標準を表す。よりも。「これよりか多い」「スケートよりかスキーの方がよい」
《格助詞「より」に係助詞「ほか」の付いた「よりほか」の音変化》下に打消しの語を伴って、それに限定する意を表す。「あきらめるよりか仕方がなかった」
[補説]ともくだけた会話などでは「よか」となることもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android