よりも

精選版 日本国語大辞典「よりも」の解説

より‐も

(格助詞「より」に係助詞「も」の付いたもの)
① 比較の規準を示す。
万葉(8C後)五・八九二「われ欲利母(ヨリモ) 貧しき人の 父母は 飢ゑこゆらむ」
徒然草(1331頃)五九「無常の来る事は水火の攻むるよりも速にのがれがたきものを」
② 動作の起点を示す。
(イ) …から。
古今(905‐914)春下・八一「よりもあだに散りにし花なれば落ちても水のとこそなれ〈菅野高世〉」
(ロ) …とすぐに。〔日葡辞書(1603‐04)〕
滑稽本・八笑人(1820‐49)三「そりゃ身なげといふよりも、われもわれもと川中をのぞきみて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「よりも」の解説

より‐も

[連語]《格助詞「より」+係助詞「も」》「より」を強めた言い方。
比較の基準を示す。「それよりもこっちのほうがいい」
動作の起点を示す。
「枝―あだに散りにし花なれば落ちても水の泡とこそなれ」〈古今・春下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android