よりも

精選版 日本国語大辞典「よりも」の解説

より‐も

(格助詞「より」に係助詞「も」の付いたもの)
① 比較の規準を示す。
万葉(8C後)五・八九二「われ欲利母(ヨリモ) 貧しき人の 父母は 飢ゑこゆらむ」
徒然草(1331頃)五九「無常の来る事は水火の攻むるよりも速にのがれがたきものを」
② 動作の起点を示す。
(イ) …から。
古今(905‐914)春下・八一「よりもあだに散りにし花なれば落ちても水のとこそなれ〈菅野高世〉」
(ロ) …とすぐに。〔日葡辞書(1603‐04)〕
滑稽本・八笑人(1820‐49)三「そりゃ身なげといふよりも、われもわれもと川中をのぞきみて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「よりも」の解説

より‐も

[連語]《格助詞「より」+係助詞「も」》「より」を強めた言い方。
比較の基準を示す。「それよりもこっちのほうがいい」
動作の起点を示す。
「枝―あだに散りにし花なれば落ちても水の泡とこそなれ」〈古今・春下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android