コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろ(濾)紙

2件 の用語解説(ろ(濾)紙の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ろ紙

 物質のろ過に使う紙.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ろ(濾)紙【ろし】

液体中に含まれる沈殿物やごみなどを濾(こ)し分けるために用いる多孔質の紙。繊維が多く灰分が少ないのが普通で,水その他溶媒になじみやすく,ぬれても強く,ろ過速度が大きいことが必要。
→関連項目吸収紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ろ(濾)紙の関連キーワードグラナ活性汚泥酒石沈殿剤濾紙漉し紙白降汞液体サイクロン沈殿物粒間沈殿物質紙駒漉し紙玉に使う包紙巻紙加圧ろ(濾)過減圧ろ(濾)過限外ろ(濾)過濃度分極メンブランフィルター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone