わいら

デジタル大辞泉プラスの解説

わいら

「百怪図巻」「画図百鬼夜行」などの江戸時代の妖怪絵巻に描かれた日本の妖怪。鎌のような巨大な1本爪を持った巨大な怪獣。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

わい‐ら

〘代名〙
① 対称。同等もしくは目下の複数の相手に用いる。おまえら。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)四「わいらがやうに身は腹からの駕籠舁にあらず」
② 自称。「わい」の複数にも単数にも用いる。また、反射指示としても用いる。自分たち。
洒落本・浪花色八卦(1757)菱卦「わいら同士色事の噂も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android